石巻青果連合商業協同組合

心を売る商売を日々続けている青果専門店

株式会社 九州屋 (買参番号 296)
第四回組合員お店探訪は、古川駅食品館ピボットに出店している九州屋ピボット古川店に今回訪問しお伺いしました。葛繽B屋は百貨店や駅ビルなどを中心に青果店を日本全国に85店舗を展開。ピボット古川店は平成20年4月に開店し今年で10年目を迎え、現在パート従業員を中心に8名のスタッフで店舗運営しています。販売方法は小売り中心で果物5割、野菜5割です。
[ピボット古川店店舗内]
特に果物ギフトやカットフルーツなどの特色をもたせた販売に力をいれています。

会社の経営方針をお聞かせ下さい。店舗で力を入れているのは、対面接客販売でスタッフが店頭でお客様に旬の美味しさや調理方法などを提案しています。時にはお客様の相談相手になってあげたりと、社是である「心を売る商売」実践しています。又、売り場では実際に試食をしてもらい、味に納得して頂き、お客様の満足度を高めています。
[果物コーナー] [古川駅ピボット正面] [野菜コーナー]
今後のご商売について、青果物を販売するだけでなく、お客様に豊かな食、安全、安心、高品質、美味しいものを提供していくことを重要視しています。又、お客様一人一人のニース゛に応えられる青果専門店としてお客様に愛される店作りを続けて行きたいと思います。今回お店を訪問し、お客様のニース゛を吸い上げその要望に添った品揃えや店舗レイアウトに変化をもたせお客様とスタッフの会話からも活気ある店づくりを実践している事が伺えた。
[新関店長とスタッフの皆さん] [地場の旬野菜]
 

 
●Top ●石巻青果連合商業協同組合について ●組合員紹介 ●組合加入のご案内
●年間休開市カレンダー
●組合員お店探訪 ●青果旬便り ●青年会 ●組合員メニュー
 
Copyright© Ishinomaki Seika Rengou Syougyou Kyoudou Kumiai All right.  
ページの先頭へ戻る